契約書


大阪で契約書に強い弁護士をお探しの方へ

  • 取引先との間で契約書が必要になるけど、どういう点に気をつけるべきか知りたい
  • 契約書の中身をしっかりと把握しておきたい
  • 新しい取引を始める前に基本契約書を相手と取り交わしておきたい

契約書について、こうしたお悩みを持たれている企業の皆様は是非、デイライト法律事務所大阪オフィスにご相談ください。

 

契約書が重要な理由

ビジネスにおいて、契約書はとても重要です。

なぜ重要なのかというと、ビジネスをスムーズに進めることに役立つからです。

互いに約束事を取り決めておくことで、未然にトラブルが生じないようにする効果が契約書にはあります。

また、契約書を作成する中で、双方の認識をすり合わせていき、取引を円滑に進めることにも役立ちます。

加えて、契約書では、あらかじめ想定されるリスクに対して、解除や損害賠償などについて記載しておくこともできます。

これによって、企業が先々を予測しながら、事業を経営することもできます。

このように契約書は道標といえるツールになります。

したがって、契約書がなかったり、十分に検討、把握できていないままというのは企業にとって道標がない、よくわかっていないということを意味します。

作成されることの多い主な契約書
  • 内容売買契約書
  • 内容業務委託契約書
  • 内容コンサルティング契約書
  • 内容請負契約書
  • テナント契約書(賃貸借契約書)
  • 代理店契約書
  • 取引基本契約書
  • ライセンス契約書
  • フランチャイズ契約書
  • 共同開発契約書
  • 秘密保持契約書

 

契約書の作成、チェックを弁護士に依頼すべき理由

それでは、契約書の作成、チェックは誰がどのように進めればよいでしょうか?

大企業であれば、自社に法務部があり、よく利用する契約については、契約書の雛形や約款について、あらかじめ作成し、日々チェックを行う体制があることも多いです。

それでも大企業は定期的に顧問弁護士にリーガルチェックを依頼して、契約書をアップデートしています。

これに対し、中小企業の場合には、法務部がないことの方が多いでしょう。この場合に、インターネットから雛形を探してきてそのまま利用するということもあるでしょうが、できるだけやめた方がよいでしょう。

なぜなら、その雛形は参考にはなるでしょうが、自社の状況や今回の契約内容のことについて何も考慮されていないものだからです。

もしかしたら、取引の相手方が有利になるように作成されている雛形かもしれません。

また、取引の相手からサインを求められた契約書についても、サインする前に事前にチェックをしておかなければ、相手方に有利な契約条項ばかり入っている可能性もありますし、認識できていないリスクもあるかもしれません。

こうしたことから、契約書の作成、チェックは弁護士に依頼すべきなのです。

契約書の作成、チェックを弁護士に依頼する主なメリットを解説します。

トラブルを未然に防止する

弁護士は法律の専門家です。企業法務を取り扱っている弁護士であれば、日々契約書の作成やチェックを行っています。

そのような弁護士に依頼することで、必要不可欠な条項はもちろん、起こりやすいトラブルについての条項を入れておくことができます。

また、万が一、トラブルが生じた場合でも、解決方法や取り得る方法について契約書に記載しておくことで、トラブルへの対処法も把握しておくことができます。

ビジネスの世界では、契約書を全て自社で作成するということはなく、取引の相手の方で作成してもらう契約書も当然あります。

このような契約書についてもサインする前に、弁護士にチェックしてもらうことが大切です。

これにより、自社にどのようなリスクがあるかどうか、契約書の文言をどのように修正すればよいか、修正してもらうように交渉できないかどうか、といった点についてアドバイスを受けることができます。

 

コスト削減につながる

契約書の作成やチェックを弁護士に依頼するというと、どうしても費用がかかるので、コストがかかると思われがちです。

しかしながら、先ほど解説したとおり、契約書はビジネスを円滑に進めるための必要不可欠なツールです。

このような契約書を弁護士に作成、チェックしてもらうことで結果として、トラブルを回避したり、自社で法務担当者を雇用したりするコストも減らすことができます。

つまり、労力的にも費用的にも専門家に任せることが結果的にコスト削減につながるのです。

 

 

デイライト法律事務所の特徴

以下では、デイライト法律事務所の特徴をご紹介します。

数多くの顧問先対応を行っている弁護士がチームで対応

デイライトでは、部門制を採用しており、企業の皆様をサポートするために、「企業法務部」を設けております。

この企業法務部では、数多くの顧問先企業をはじめとする企業案件を日々対応している弁護士が多数在籍しております。

デイライトでは、「専門特化」という事務所の行動指針を掲げており、契約書の作成、チェックについては、こうした企業案件を数多く取り扱う弁護士がチームとして対応いたします。

デイライトには、複数の主要都市に20名を超える弁護士が所属しています。

弁護士の人数が少ない法律事務所の場合には、どうしても対応できる案件数に限りが生じがちですが、デイライトでは、組織力を活かして日頃から顧問先企業を中心にサポートをしております。

ビジネスを円滑に進めていただくため、スピード感を持って対応するように心がけておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

また、単に企業法務といっても、当然ながら業種によって、必要になる契約書や押さえておくべき注意点は違ってきます。

デイライトでは、こうした業種による違いにもできる限り対応できるように、それぞれの弁護士が注力している業種や法務分野をもつようにしております。

その業種に詳しい弁護士のアドバイス、サポートを受けていただけるよう、日々取り組んでいます。

 

予防法務に注力

デイライトでは、企業の皆様のビジネスを停滞させないという意識で業務を行っています。

そのため、トラブルをできるだけ未然に防止するという、予防法務を意識して対応しております。

契約書に関してお困りのことがあれば、まずはデイライト法律事務所大阪オフィスまでご相談ください。

合わせて読みたい
予防法務の取り組み

 



お問い合わせ

ご予約は24時間
年中無休で受け付けています。
お気軽にお問い合わせください。